舗装技術

道路のプロフェッショナルによる熟練の技と知恵で、高速道路、一般道から個人宅の駐車場まで高品質な舗装を提供しています。


特殊工事

特殊工事(路面切削工事、スタビライザー(地盤改良)工法)は、熟練技術者集団が直営施工します。

路面切削

舗装は、自動車の荷重や気象条件、舗装自体の老朽化など様々な要因によって徐々にひび割れやわだち掘れが発生し、それが車両の安全な通行の妨げとなります。そうした時に道路メンテナンス工事が行われますが、近年では道路の新設工事よりも増加傾向にあります。道路メンテナンス工事では、劣化した道路の表面を路面切削機で削り取り、表面をならす路面切削が行われます。当社では、自社保有の路面切削機、熟練技術者の技と知恵を用いた直営施工を行っています。

スタビライザー(地盤改良)工法

軟弱地盤の改良はまず、回転刃のついたスタビライザーで軟弱地盤と地盤改良用固化剤(セメント・石炭等)を混合撹拌します。その後グレーダー・ローラーで敷きならしと転圧を行い、より強固な地盤にします。路床・駐車場・造成地等、広範囲の地盤を一律に改良施工する場合に適した工法です。


舗装の種類

舗装には、通常の舗装の他に、特殊な機能や構造をもつ舗装もあります。
以下にいろいろな種類の舗装を紹介します。

密粒舗装

もっとも一般的な舗装です。多くの道路や駐車場はこの舗装が使われています。
低コストで丈夫な舗装です。
また、改質アスファルトを使用することにより、高強度な舗装を行うことも可能です。

密粒舗装
密粒舗装

排水性舗装

空隙率の高い多孔質なアスファルト混合物を表層あるいは表層・基層に用い、その下層に不透水層を設け、排水機能層に浸透した水が不透水層の上を流れて速やかに排"水施設に排水され、路盤以下に水が浸透しない構造とした舗装です。
雨天時の水はね防止・ハイドロプレーニングの防止・雨天時等の視認性向上・走行騒音の低減の機能があります。

排水性舗装

ハイブリット舗装

一層で表面は透水できるきめ深さを持ち、内部は不透水層となる水密性を持った、アスファルト舗装です。

ハイブリット舗装

景観舗装

表層に用いる混合物に脱色アスファルト又は、樹脂系結合材と各配色の自然石骨材等を用い、路面に自然の風合い等をかもし出した舗装です。

景観舗装

土舗装(クレイ舗装)

土をセメント系固化材等で安定処理した混合物を舗設した舗装です。適度な弾力性・衝撃吸収性・保水性の機能があります。

土舗装(クレイ舗装)

トンネル内舗装(コンクリート舗装)

適切に配合設計したコンクリートを舗設した舗装です。標準的に用いられるコンクリート版には、普通コンクリート版・連続鉄筋コンクリート版・転圧コンクリート版があります。
耐久性・明色性の機能があります。

トンネル内舗装(コンクリート舗装)

当社の舗装は、調査・設計 ~ 施工・施工管理 ~ 特殊工事まで自社施工で行っています。

お問い合わせ

土木工務部 TEL.058-251-2244 お問い合わせ
ページトップ