沿革

1950(昭和25年)
株式会社市川工務店設立、資本金30万円
1957(昭和32年)
滋賀営業所を開設
1962(昭和37年)
岐阜アスファルト合材工場を設立
1963(昭和38年)
高山出張所を開設
1964(昭和39年)
試験研究室を設立
1965(昭和40年)
高山アスファルト合材工場を設立
1973(昭和48年)
資本金4500万円を1億800万円に増資
1975(昭和50年)
滋賀営業所を滋賀支店に改称 東濃営業所開設 高山出張所を高山営業所に改称
1976(昭和51年)
各務原営業所を開設 1級建築士事務所を開設
1977(昭和52年)
立花アスファルト合材工場を設立
1983(昭和58年)
中濃営業所を開設
1984(昭和59年)
岐阜再生アスファルト合材工場を設立
1986(昭和61年)
可児営業所を開設
1988(昭和63年)
高山営業所を高山支店に改称 東濃営業所を東濃支店に改称
1992(平成4年)
立花再生アスファルト合材工場を設立
1993(平成5年)
高山再生アスファルト合材工場を設立
1997(平成9年)
古川営業所を開設
1998(平成10年)
ISO9002認証取得 アスファルト合材製造販売事業をグループ会社に移管
1999(平成11年)
資本金1億800万円を1億5150万円に増資 資本金1億5150万円を2億370万円に増資
2000(平成12年)
ISO9001認証取得
2004(平成16年)
名古屋支店を名古屋支社に改称 古川営業所を飛騨営業所に改称
2005(平成17年)
リフォーム営繕事業部を開設(現:リフォーム営繕部)
2013(平成25年)
ISO14001認証取得
昭和28年 ローラー第1号
昭和28年 岐阜貨物駅工事
昭和28年 八剣舗装工事
昭和31年 初の鉄筋コンクリート建築(金華劇場)
昭和32年 タール舗装開始
昭和43年 初のトンネル
工事(福富トンネル)
昭和37年 岐阜
アスファルト工場設立
昭和45年 岐阜市南部プラントの杭打ち工事
昭和45年 鏡島大橋の
下部工
昭和55年 奥美濃有料道路工事
昭和55年 河渡橋の下部工
昭和55年 岐阜市北部体育館新築工事
昭和55年 岐阜環状線
国鉄立体交差
昭和57年 岐阜羽島インターチェンジ工事
昭和59年 岐阜総合労働庁舎建設工事
昭和60年 金華山トンネル貫通
昭和62年 長良高校
改築工事
昭和63年 ぎふ中部未来博
昭和63年 島大橋
上部工工事
昭和63年 長良川球場
建設工事
ページトップ